4月よりドコモにてMiniUIM(MicroSIM)の提供が始まりました。

つまり、ドコモの回線でiPhone4を利用出来るということです。

手持ちの端末が増えてきたこともあり、SIMフリーのiPhone4に統合するメモとします。

前提とする環境は、ドコモ回線とSIMフリーiPhone4を所持していること。月々の通信料は1万円ちょいぐらいになります。

 

・ドコモショップでの処理

現存のSIMカード(FOMAカード)をMiniUIM(MicroSIM)カードに変更する旨を伝えれば案内してくれる。

年に1度の変更であれば、無料で交換が可能。なお、料金コースはバリュープランが適用可能とのこと。

現存の回線では「FOMAタイプM」だったのだが、「FOMAタイプMバリュー」に変更してもらった。

iモードなどの契約はそのままで、あとはインターネット上から自分で契約変更をすることにしたので、カードの変更だけで手続き終了。

面倒だったのがiPhoneの技適マークの確認で、香港版などのSIMフリーiPhoneを購入した場合、初回起動時にアクティベートが必要である。

SIMカードを入れiTunesから認証する必要があり、これを通しておかないと技適マークの表示が出来ない。(本体に技適マークの表示はない)

自分の場合は別途、技適マークが確認できるSIMフリー端末を持って行き、その端末向けに契約を行ってしまったので無事に発行ができた。

SIMフリーiPhoneはアクティベーションが完了した状態(設定から技適マークが確認できる状態)で持っていく必要があり、SIMフリーiPhoneしか持っていない人は何らかの方法でアクティベーションを済ましておく必要がある。

一番簡単な方法は別の機器に使われているMicroSIMを挿してアクティベーションを済ましておくことだが、現状、MicroSIMを使用しているものとすると、iPhone4しかない。

自己責任の上、手持ちのFOMAカードをMicroSIMサイズに切断し、アクティベーションを通すことも可能である。問い合わせたところ、切断したFOMAカードでも変更が可能とのことで、アクティベーションがかかっている場合はこの方法もアリかと思う。

※ちなみに、ebayなどで「Universal Activation Card」と検索すると、アクティベーション用のSIMがあったりするが、動作は未確認。

技適マークが確認出来れば、その端末向けに何回線でも変更してくれるそうなので、iPhoneをほしがっていた父のFOMAカードも変更した。まだ今はMicroSIMアダプターを使い、そのまま運用している。

 

・MyDocomoでの契約変更

帰宅後、オンラインで契約変更をした。

パケット定額に「パケ・ホーダイ ダブル」、接続先プロバイダーに「Mopera U(スタンダード)」、移行完了までiモードメールを使うため、「iモード .net」に契約。スマートフォン(iPhone4)からはiモードを使用出来ないが、iモードメールのために契約したままにしておいた。通話のコースは自由に変更可能である。

 

iPhone4でのAPN設定

ドコモショップにて発行してもらったMiniUIMカードをiPhone4に接続し、アクティベーションを行う。

コンピューターに接続して、iTunesを立ち上げればすぐに行われる。

ホーム画面が現れたら、パケット通信を行うようなことはせず、アクセスポイント名となるAPNの設定をする。

設定を開き、「一般」、「ネットワーク」、「モバイルデータ通信ネットワーク」の順に開く。

モバイルデータ通信のAPNを「mopera.net」、インターネット共有のAPNも同様に「mopera.net」に設定する。ユーザー名とパスワードはMoperaで契約したものを入力する。

これで、パケット定額が適用されたプロバイダー(Mopera)に接続された。ここからは、自由にパケット通信を使うことが出来る。

テザリングを(iPhoneをモデムとして)使用するときは、インターネット共有をオンにするだけです。

日本通信のSIMと違い、テザリング時の速度制限は無いようです。

あとは、アプリをダウンロードしたり好きに使って結構なのですが、環境の移行などのメモを以下に残します。

 

メール(Gmail)の設定

iPhoneでGmailを読み書きするために、アカウントの設定をします。

メインにするメールアドレスはGoogleAppsのGmailを使用し、プッシュ通知で受け取る環境を構築します。

「設定」、「メール/連絡先/カレンダー」、「アカウントを追加」、「Microsoft Exchange」の順に開き、アカウントの設定をします。

  • メール:メールアドレス
  • サーバ:m.google.com
  • ユーザー名:メールアドレス
  • パスワード:Gmailのパスワード
  • SSLを使用:オン

以上の入力が終わったら、保存をします。

なお、この時点でメール、連絡先、カレンダーの同期をオンにします。

※連絡先の同期をする場合、iPhone上の連絡先は削除されるので注意してください。

 

・MicrosoftExchangeを使用したGmailプッシュ通知の弱点

メールが届いた時の通知が、バイブレーションしかありません。

その時に振動するだけで、画面になにも表示されないため、非常に分かりにくいです。

メールのタイトル、本文を画面に通知ために、別途アプリを使用します。

通知系のアプリには「PushGmail」「Push for Gmail」「Boxcar」などがあります。

自分は「Push for Gmail」を使用しました。今のところ安定していて設定が楽です。

i.softbank.jpのアドレスに転送するなどの手もありますが、ソフトバンクのiPhoneを所有していないと発行されません。

「Push for Gmail」の通知を使用するため、設定より、iPhone側の新着メール受信のバイブレーションを切ります。

「設定」、「サウンド」と開き、新着メールをオフにします。

また、メールアプリのデータ取得方法はプッシュでなくていいので、「設定」、「メール/連絡先/カレンダー」、「データの取得方法」と開き、プッシュをオフ、フェッチを手動としました。

以上の設定で新着メールが来た場合、「Push for Gmail」アプリにて通知があり(バイブレーションとメール文の画面通知)、その後メールを開き、メールを受信することによって閲覧することが可能です。

 

・Googleカレンダーとの同期

上記、メールの設定にてMicrosoftExchangeとしてアカウントを追加したため、そのまま利用します。

カレンダーをオンにしていればカレンダーが取得され表示されます。

しかし、デフォルトのカレンダー1つしか表示されません。

SafariからGoogleSyncの設定を開き、カレンダーを選択することで表示が可能になります。

http://m.google.com/sync/」にアクセスして設定を行います。

 

・Gmail連絡先の同期

例により、Exchangeアカウントとして追加されているものとします。

連絡先の同期をオンにしてあれば、iPhoneの連絡先で表示されるものは、Gmailの連絡先です。

(※同期をオンに変更すると、iPhone上の連絡先は削除されるので注意してください)

携帯からの移行などで、Gmailの連絡先にCSVファイルなどでインポートで追加するには少しコツが要ります。

一度、ブラウザから適当な連絡先を追加した後、CSVでエクスポートしてみれば、インポートフォーマットがわかるかと思います。

読み仮名の同期については、iPhoneとの間でうまく扱えないらしく、Gmail連絡先に連絡先を追加→iPhoneで読み仮名を設定、の順で運用しています。

グループ分けは、「連絡先+」や「Groupy」などを使用して、ローカルでグループ分けします。

 

・その他、連絡用の環境

Viber : IPフォンアプリ(とりあえず導入しておくといい)

Beluga : メッセンジャーサービス

Bria : SIPフォンアプリ(自宅の電話システム用)

 

・留守番電話

ビジュアルボイスメール(iPhoneの留守番電話機能)は使用できない。

留守番電話サービスに申し込むことによって、1417への電話にて対応することが出来ます。

電話から「*5005*86*1417#」と発信すること(コマンド)によって、留守番電話ボタンに割り当てることが可能です。

 

・iモードメールからの移行

今までメインで使用していたのは、@docomo.ne.jpのiモードメールアドレスです。

しかし、スマートフォンを使う上では、Gmailなどのメールに移行するほかはありません。

@docomo.ne.jpのアドレスは公式には転送を設定することが出来ませんが、iモード.netを介して転送を行う方法がいくつかあります。

自前のサーバーで転送

外部サービス

個々の方法はまだ確認していません。

docomoのメール転送は別の投稿としてまとめます。

 

・その他欠点

MMSが使えない 、FaceTimeが使えない。

というぐらいでしょうか。

 

メール返信の文字化け問題については、別の投稿で扱います。

 

PlantronicsのVoyager Pro+、iPhoneの音声認識機能と組み合わせて、

ハンズフリー通話もいい感じに出来ますし、今の運用法で満足ですね。