RICOH IPSiO SP 4000をデータシート印刷用に導入しました。

AirMac ExpressのUSB端子に接続し、LANで共有しています。

Mac OS X Lionから使用する際に、ドライバが見つからないと表示されるのですが、

以下の手順で対処します。

1,ESP Ghostscript 7.07.1 for MacOSX 10.2~10.5 (ppc/intel)のダウンロード

http://mike.md.tsukuba.ac.jp/printer/Mac/ghostscript.html

このページより、espgs071105.dmgをダウンロードします。

念のため、ここにも置いておきます。

 

2, インストール

espgs071105.dmgをマウントし、中に入っている.pkgファイルを開き、

インストーラーの指示通りにインストールを進めていきます。

 

3, プリンタの追加

システム環境設定より、プリンタを追加します。

ドライバが見つからないと表示されるため、プリンタドライバに

「Richo RPDL III Laser Printer,Foomatic + rpdl」を指定します。

 

以上で設定完了です。

Mac OS X Lion + AirMac Expressの組み合わせにてLAN経由で印刷できることを確認しました。

 

参考: http://kumikomi.asablo.jp/blog/2011/08/24/6066263

 

追記:

あれれー。

画像が入ったPDFの印刷に失敗することがある??

あとでプリンターのメモリーを増設して調べてみよう。