Blu-rayの自動再生にVLC Media Playerを追加

最近はBlu-rayの再生にも使用している、VLC Media Player。

Blu-rayの実装が実験的なのか、WindowsのBlu-ray再生の項目に追加されません。

DVDを挿入した時の選択肢としてVLCが存在しますが、Blu-rayは存在していないのです。

 

そこでレジストリを変更することによって、Blu-rayの再生ソフトとして自動再生にVLCを追加することが出来ました。

レジストリファイルに関しては以下のリンクからダウンロードすることが可能です。

vlc_bluray_autoplay.zip

 

中に入っている.regファイルを開き、進めていけば完了です。

ファイル内のパス表記が、64bitのWindows用ですので、

32bitのWindowsを使用している人は、そのままでは動きません。

32bitで動かしたい人は.regファイルを右クリックし、”編集”で、

”Program Files (x86)” を “Program Files”に修正すればいいと思います。

 

詳しいことはファイルを見ればわかると思うので解説は以上です。

このファイルを使用したことによって起きた損害等には責任を持ちませんのでご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です