iPad Retina(2048×1536)のディスプレイのケースを作った

最近、iPad Retinaの液晶パネルがDisplayPortらしい、ということで一部で盛り上がっています。

 

 

詳しい話は上記サイトに任せるとして、私は無事、現物を入手したのですが、

そのままでは、扱うのに気を使うので、アクリルでケースを作りました。

 

iPad_Case_01

 

変換基板と液晶パネルをうまく収めるケースが欲しかったため、

手っ取り早く、アクリルを何枚も積み重ねる形式のケースを設計しました。

設計データが以下の物になります。(自由に利用してください。商用は要相談。)

 

 

これらのファイルはレーザー加工機用のファイルです。

必要な材料は、以下のとおりになります。

 

  • アクリル板(クリア、2mm厚、大きさは下記)1枚
  • アクリル板(クリア、3mm厚、大きさは下記)2枚
  • M3ネジ(20mm、本体固定用)8個
  • M3ネジ(4mm、基板固定用)4個
  • M3ナット(本体固定用)8個
  • M4ナット(VESAマウント用、オプション)6個
  • インサートナット(ウィルコ製、HUD-43030、基板固定用)4個

 

アクリル版は、230mm*190mmのパネルを2枚ずつ割り当てるので、

300mm*450mm以上のアクリル板を買えば大丈夫だと思います。

(レーザー加工機に入れられる大きさもあると思うので、大きすぎないように)

 

FabLabという”ものづくりスペース”にて、オープンソースにするという前提のもと、

レーザー加工機などを始めとした機器を使用することが出来ます。

今回は、「FPGA-CAFE/FabLab Tsukuba」さんに材料を持ち込み、加工させていただきました。

FabLabは世界各地にあります。加工方法については、それぞれ加工する場所で伺ってみてください。

加工場所まで行くのが面倒、行く時間がないという人は、レーザー加工サービスを使用するとよいでしょう。

工房Emerge+ レーザー加工サービス

 

iPad_Case_02 iPad_Display_Case_Setting

アクリル板は保護紙を貼り付けたまま、レーザー加工機にて材料を切り出します。

3mm厚のアクリル板をレーザー加工するときのパラメータは右の写真のようになっています。

2mm厚の加工では、パワーを17%にしてあります。

 

iPad_Case_03

切り出しがすべて終わったら、テープを利用して保護紙を剥がしていきます。

細かなカスや、アクリルの匂いが気になる場合は、保護紙を剥がしたあとに水洗いしてください。

 

iPad_Case_04 iPad_Case_05

インサートナットは熱圧入します。

はんだごてで暖めつつ、周りのアクリルを溶かしながら、穴に埋めていきます。

穴に埋まったら、平らなもので押して(写真ではアルミのブロック)、アクリルが冷えて固まるのを待ちます。

 

iPad_Case_06 iPad_Case_07

このように、4ヶ所、インサートナットを圧入します。

これで基板をアクリル板に固定することが可能になります。

 

iPad_Case_08

加工が終わったアクリル板が揃いました。

あとは、液晶画面と基板を挟みつつ、アクリル板を重ねて組み立てます。

 

iPad_Case_09 iPad_Case_10

これで完成です。

VESAマウント可能なようにナットを内蔵したので、モニターアームに取り付けて使用しています。

VESAのネジ穴の1つが基板の位置に来てしまっていて、1ヶ所は固定出来ません。

3ヶ所だけネジ止めしています。

 

結構丈夫に出来たので、ぜひみなさんも作ってみてください。

 


 

追記:

うちの会社の製品ということで、販売開始しました。

記事中で紹介した、「工房Emerge+ 」さんに製造を委託しています。

製品紹介: http://www.tsukuba-kagaku.co.jp/products/

販売ページ: http://shop.emergeplus.jp/ipadretina-enclosure/


 

“iPad Retina(2048×1536)のディスプレイのケースを作った” への5件のフィードバック

  1. ななしさん より:

    こちらのアクリルケースに興味があるのですが
    質問いいでしょうか?

    iPad_Display_Case_t2_01.ai
    iPad_Display_Case_t3_01.ai
    iPad_Display_Case_t3_02.ai

    アクリル板(クリア、2mm厚、大きさは下記)1枚
    アクリル板(クリア、3mm厚、大きさは下記)2枚
    とありますが、パーツ加工データのどのファイルが
    2mmと3mm厚なのでしょうか?

    • PJ より:

      質問ありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。
      厚みはファイル名に含めて”t” (thickness:厚み)で表記してありますので、
      t2と書かれたファイルは厚さ2mm用のデータ、t3と書かれたファイルは厚さ3mm用のデータとなっております。
      合計、3ファイル、2mm厚1枚と、3mm厚2枚に加工すれば完成すると思います。

  2. […] @pcjpnet さん設計のiPad Retina液晶パネル用アクリルエンクロージャです。 […]

  3. […] iPad Retina(2048×1536)のディスプレイのケースを作った (アクリルケースのaiデータを公開してくれています) […]

  4. Carl より:

    詳細な情報を、ありがとうございます。

    アクリル加工については、知識ゼロの状態からスタートし、JW CADで加工用図面を作成。厚さを抑えるため、基板を反対側に出すよう設計し、レーザー加工は、はざい屋さんに依頼しました。

    そして、出来上がったアクリル板を組み立ててたら、設計ミスが発覚。元々、ディスプレイの耳(?)の部分は、0.1mmはど削る予定でしたが、設計ミスの部分もルーターで削り取り、無事に組み上がりました。

    今回、自分で組み立てを経験し、改善したいカ所がいくつも出てきましたが、アクリル加工によるケース製作を楽むと共に、無事に作り上げることも出来て、感謝しています。

    以上、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です