JEM-A HA端子

近年、スマートリモコンなどが普及し、エアコンなどの遠隔操作が可能になってきました。

しかし、リモコン動作ではエアコンが動作しているのか現在の状態を遠隔で得ることが出来ません。

実は、1987年に制定されたホームオートメーションを実現するための接続端子規格があります。

この規格はルームエアコン向けに誕生した規格で、後の改定によって、電気錠、電動シャッター、給湯器、暖房器具、照明器具等でも定められたようです。

そのため日本で販売されているエアコンにはその端子が搭載されていることが多いようです。

日本電機工業会(JEMA)にて定められる日本電機工業会規格(JEM)で規格番号 1427 にて公開されているもので、端子名は「HA端子(JEM-A)」と言います。

 

JEM 1427「HA端子(JEM-A)」中では、「HA端子(JEM-A)」と表記され、文中では「HA端子」と呼ばれています。

呼び名の定義としては「JEMA標準HA端子-A」のようです。

JEM 1461「HA端子(JEM-A)における接続線の延長端子」中では、「HA端子(JEM-A)」と表記され、文中では「JEM-A端子」と呼ばれています。

延長端子の呼び名の定義としては「JEM-A延長端子」のようで、先程のものと比較して、統一感の無い印象を受けます。

インターネット上で検索しても、HA端子、JEMA端子、JEM1427端子、JEM端子-Aと呼び名にブレがあるようです。

この記事中では「HA端子」と呼ぶことにします。

 

IFU(インターフェースユニット)

HA端子の接続先として信号絶縁のためのIFUが存在しています。

IFUまでの接続に関しては、1.9mのケーブルを使用すると定められていて、HA端子配線器具(IFU)が存在しています。