エンジン式ポータブル水鉄砲製作記(1号機)

Engine Water Gun 001

エンジンポンプで動くポータブル水鉄砲を作ってみました。

そもそも事の発端はこれです。

Engine Water Gun 002

水鉄砲という概念に引っかかればOKらしいので、余っているエンジンポンプを使って水鉄砲を作りたいと思います。

といっても、水のタンクをポンプにつなげて、ノズルを付けただけなのですぐに完成します。

 

ノズル・接続部品の調達

よくある2サイクルエンジンの1インチエンジンポンプが倉庫に転がっていました。

これを流用して、というかそのまま使用して、水鉄砲を作ります。

接続パーツが無いので調達します。

Engine Water Gun 003

ここで言っている1インチとは、接続部分の太さのことです。

ネジ部分の内径が1インチ(約25mm)なので、サクションホースも25mmのものを使用しました。

どちらもホームセンターで容易に入手できます。固定のためのホースバンドも忘れずに。

PA-007ではなく、PA-011(ワンタッチカップリング)を使用するとホースの付替えが楽になります。

 

Engine Water Gun 004

25mmホース用の散水ノズルも売っていたため買ってきました。

ノズル部分の回し具合で、水を止めることから、ストレート・シャワーなど水形も切り替え出来ます。

 

ポリタンクとホースの接続方法

これが大変です。

よくある水用の白色ポリタンクと25mmホースを接続したいのです。

プラコック付きのタンクはよく売っています。

ただ、コックにはホースをつなげることは出来ません。

調べると、キャップを改造してバルブやホースニップルを取り付けている人がいます。

こちらは、ホースに力が加わった際の破損・水漏れが心配です。

 

しらみつぶしに調べた結果、コダマ樹脂工業株式会社タマローリー(大型ポリタンク)シリーズがヒットしました。

小型ポリタンクと同様のネジソケットを使用しているようです。

 

つまり、タマローリーのオプション部品を使用することによって、ポリタンクに配管のネジ接続が可能になります。

必要になるのは、JP-4014 1インチ ソケットです。

ポリタンクの50mmと、25mmを変換するソケットになっており、25mmのホースジョイントがそのまま取り付け出来ます。

 

Engine Water Gun 005

しかし、小型ポリタンクのネジ部分の高さが低いため、ソケットを少し削るか、中のパッキンの厚みを増やさないといけません。

 

ソケットの加工

Engine Water Gun 006

旋盤に取り付けて削り込みます。

 

Engine Water Gun 007 Engine Water Gun 008

1cmほどでしょうか。短くなりました。

 

Engine Water Gun 009 Engine Water Gun 010

ソケットとワンタッチカップリングの接続です。完璧に繋がります。

 

Engine Water Gun 011 Engine Water Gun 012

これでポリタンクにワンタッチカップリングが取り付け出来、そこにホースを接続することが出来ます。

ポリタンクとホースの接続は色々と応用が効くのではないでしょうか?

もちろん、バルブなどの取り付けも可能かと思われます。

 

動画

製作結果はこちらの動画をご覧ください。

 

 

参考リンク

20/09/03 追記: https://twitter.com/degochiyakuri/status/1301533986699661312