■Pale Moon x64 – 8.0 のインストール

FirefoxをもとにWindows向けに最適化されたブラウザです。

Firefoxと同様のソフトウェアでありながら、高速化がされています。

FlashPlayerとJavaが64bit対応したこともあり、x64版に手を出してみます。

http://www.palemoon.org/palemoon-x64.shtml

上記ページからダウンロードサイトを選択し、インストーラーをダウンロードする。

今回は「palemoon-8.0-x64-installer.exe」をダウンロードしました。

Firefox同様インストールを進めます。

 

■Pale Moonの日本語化

http://www.palemoon.org/langpacks.shtml

言語一覧から「ja.xpi」を選択し、インストールする。(Pale Moonの再起動を要求される)

インストール後、アドレスバーに「about:config」と入力し、詳細設定画面を出す。

「general.useragent.locale」を「en-US」から「ja-JP」に。(PaleMoon日本語化)

「intl.accept_languages」を「en-us,en」から「ja,en-us,en」に書き換える。(ページ表示の優先度)

 

■アドオンのインストール

Firefoxと同様のアドオンが使用できます。

以下、インストールしたアドオンのまとめ。

  • Tree Style Tab (タブバーを左側に)
  • Tab Utilities (新規タブを開いたときにホームページを開く)
  • Session Manager (クラッシュした際のセッション復元)
  • Flashblock (Flashをクリックするまで読みこまない)
  • Xmarks Sync (ブックマーク同期)
  • LastPass Password Manager (パスワード管理)
  • Text Link (リンクされていないhttp://文字列のリンク化)
  • FireGestures (マウスジェスチャー)
  • Firebug (Webサイト制作に)
  • Greasemonkey (各種スクリプト実行用)
  • DownThemAll! (ダウンローダ)
  • Download Statusbar (ファイルをダウンロードする際にウィンドウを出さない)
  • PDF Download (PDFのリンクを踏んだ時の挙動を制御)
  • Flagfox (サーバーの所在地に対応する国旗を表示)
  • Tab Counter (現在開いているタブの数を表示)
  • (Screengrab:対応まだー???)

■Greasemonkeyにいれたスクリプト

 

■about:configで変更した点

  • browser.showQuitWarning = true
  • browser.tabs.closeWindowWithLastTab=false

 

こんな感じでしょうか。